電話の対応力を身につける

仕事の基本である電話対応。社会人へなる前に経験しているのとしていないのでは、大違いだ。社会人になったとき、最初から電話対応がしっかりできていると、できる新人と思われるかもしれない。また、自分も電話に焦らず仕事をスムーズに覚えることができるからだ。
どうすれば電話対応がうまくなるのかという質問をよく見る。学生のうちに経験しておくのがおすすめだ。そして、電話の対応力が身につくバイトでおすすめなのが、コールセンターでのバイトである。お客様からの問い合わせに電話で回答するという仕事だ。電話で話しながら、パソコンを打ち込むこともある。そのため、慣れるまでは大変かもしれないが、確実に電話での対応力は身につく。相手を不快にしない丁寧な話し方・声のトーン・いかに相手に分かりやすく説明するかなど、電話の技術が向上する。時には、嫌なお客様もいるかもしれないし、相手を不快にしてしまうこともあるかもしれない。しかし、このバイトを社会人になる前に経験しておくのは、とてもためになる。
次に、身につけ方のコツであるが、それは数をこなすことである。最初は誰しも、失敗や疑問・不安があるだろう。しかし、何回も経験していくうちに、相手を不快にしない丁寧な話し方や声のトーンが自然と身に付いてくる。どんなことにもいえるが、習うより慣れろだ。人の動作を見ているだけでは、身につかない。実際に自分がやって数をこなしていくことが、電話の対応力を身に付けて行く近道である。
電話の対応力が身につくその他のバイト⇒〔電話スキルで今後が決まる